>

便利でおいしい介護食の通販とは

この記事をシェアする

介護食は特別な食事か

なんとなく、介護食という特別に分類された食事があるように感じてしまいますが、そういうわけではないのです。
介護される方が食べる事を安全に楽しむ事ができるよう調理されている食事を、まとめて介護食と言っているようです。
赤ちゃんがミルクから離乳食に移行していき、少しずつ食事になれていくのとなんとなく似ているような気もしますね。

美味しいだけでもダメですし、安全なだけで見た目がおいしそうでない、というものダメなのです。
ちょっと前であれば、安全に食事ができればOKとされていた介護食ですが、最近では介護に対する印象もおおきく変わってきており、また、介護がとても重要時されるようになってからは、おいしく楽しめる介護食というものが求められるようになってきたようですね。

介護食の種類は何種類あるのか

介護される方の状態によって、作り方にかなりの違いがあるのが介護食です。
噛む力が弱くなってきたけれども、飲み込むことができるくらいであれば小さく刻んだ食材を調理します。
これは刻み食というそうですが、とろみをつけるなど食材がまとまるよう注意してあげないと誤嚥などの原因となる場合があるので注意が必要です。
その他に、ソフト食といって煮込んで柔らかく調理する方法がありますが、こちらは煮込む時間などによって固さなどを調整することで、被介護者の方に合う介護食を作ることができます。
飲み込む事も困難な状態の方へは、ミキサーなどでスープ状に調理していきます。
ただ、こちらもご自身の意思に関係なく食道へ入っていってしまうという注意点もあります。